時代の時代の流れを読むあなたならならどちらを選びますか?

ランニングコスト

合同会社におけるランニングコストについて

ランニングコスト一般に何らかの事業を行う場合には利益の追求を目的とする場合が少なくありません。その様な企業のことを営利企業と言いますが、その意味するところは出資者に対して配当を出すかどうかという点にあるとされています。利益を作ることが出来る事業に対して投資を行う投資家から出資を受けて事業を行うケースと言うのは非常に多いですが、その様な出資に対して配当を出すのが営利事業の原則なのです。その様な目的で設立される企業としては株式会社と合同会社が挙げられます。この様な会社のどちらを選択するかは、それぞれの特徴についてしっかりと理解をして選ぶことが推奨されます。

その際に注目したいのが会社を維持するためのランニングコストであると言えるでしょう。営利事業を行う場合、選択される頻度が多いのは圧倒的に株式会社であると言われています。しかし最近になって合同会社の設立も年間10000件に達しようとしています。この二つの会社の違いについては様々なポイントがありますが、ランニングコストという視点も重要な要素であると言われています。例えば株式会社の場合、何もしなくても株式会社を維持するためには支払わなくてはならない経費が存在しています。例えば決算公告のための費用であったり、赤字でも法人税の支払いが必要になります。それに加えて株主に対して様々な対応を取らなくてはなりませんのでランニングコストもかさむ傾向にあると言えます。しかし合同会社の場合には最低限かかる経費としては法人住民税の7万円が最低限の額であると言えるでしょう。この金額は赤字でも支払わなくてはならないものであり、合同会社を設立する場合に避けることの出来ないランニングコストであると言えるでしょう。この様に合同会社は非常にランニングコストを低く抑えることが出来る会社の形であると言えるのです。

その他にも税理士や社会法権労務士のサポートを受けるようになるとランニングコストが増加傾向に向くことが予想されます。この様なサービスを受けることによる恩恵は大きいですが、ランニングコストに関してもある程度はかかるものであると言えます。専門家のサポートを受けることが安い買い物であると考えるかどうかは経営者の考え方次第であると言えるでしょう。事業収入が少ない状態では大きな負担になるというの言うのが現実ですが、ある程度の大きさの事業に育った場合には安全に成長していくために大切な要素であると言えるでしょう。