時代の時代の流れを読むあなたならならどちらを選びますか?

変更について

合同会社への変更について

利益の配分方法現在の会社法においては、営利企業の一つの形として設立可能になった会社の中に合同会社が存在しています。この合同会社は株式会社とは異なる様々な特徴を持っており、柔軟な事業運営を行いたい企業にとって有益な選択肢であるということが知られるようになってきました。例えば事業の方向性を決める際に株式会社であれば株主総会などの場で株主の意見を聞かなくてはなりませんが、合同会社であればその様な義務がありません。会社が株主の意向に合わせることなく独自に方針を決定できるというメリットは非常に大きなものであり、ある程度の知名度を持つようになった企業の中にも合同会社に鞍替えをする方向を選択した企業が出始めています。
しかし一般的には合同会社の仕組みは広く投資を募って会社を成長させていくためには不利な仕組みであるとも言えます。そのため新規設立の場合には小規模事業を行う個人事業主などに向いている仕組みであるということが出来ます。個人事業主がその事業を法人化するという目的のためには最適な選択肢であると言えるでしょう。株式会社を設立することによるデメリットを最小化し、合同会社を設立するメリットを最大化出来るのは基本的に小規模事業者なのです。そのため新規での設立は小規模事業を行っている事業者であるケースが多くなっていると言えるでしょう。比較的小規模な事業で採用されることが多かった有限会社に代わる形で設立可能になった会社の形ですので、この様な傾向が基本的な形であると言えるのです。
しかし近年行われるようになってきている合同会社への変更手続きは既に十分に成長した企業が株式会社から合同会社に変更するという手続きです。この様な選択をする場合、株式会社ではなくなりますので上場していれば上場廃止としなければ出来ません。株式の公開取引の様な広く投資を募る様な活動を行うことは難しくなる側面がありますが、その代わりに市場の反応を気にしながら事業を行わずに済むというメリットを得ることも出来ます。その様なメリットを得るために会社の変更を行う場合もあるのです。実際に株式会社から合同会社に切り替えを行った会社は少なからず存在していますが、知名度が低いという大きなデメリットに対する対策として基本的にはこの名称を外部に出すことはないのです。殆どのケースにおいては商号でビジネスを行うようになり、特に大きな問題は引き起こされていないのが特徴であると言えるでしょう。