時代の時代の流れを読むあなたならならどちらを選びますか?

知名度の問題

合同会社と知名度の問題について

利益の配分方法会社法の改正に伴い、新しく設立が可能になった会社に合同会社があります。この会社の特徴は株式会社に義務付けられているいくつかの内容について柔軟に対応することが出来ると言う点にあります。例えば株式会社に義務付けられている決算公告は合同会社では義務とはなっていません。そのため事業年度ごとに手間をかけて決算公告をしなくても済みます。同じように会社の方向性を決める際に議決権を持つ人を集める必要もありません。合同会社の場合には代表権を持つ人の裁量に基づいて自由に物事を決めることも許される仕組みを持っているのです。この様な仕組みは株式会社にはないものであり、自由度の高さと言うこの点を魅力的であると感じる場合に合同会社と言う仕組みが選ばれています。
しかしこの合同会社には株式会社に比べて会社運営が柔軟であるというメリットばかりではありません。いくつかの問題が存在しており、その一つの問題となっているのが知名度であると言えるでしょう。この知名度の問題は非常に大きなものであり、合同会社の名前を出すことによって信頼の程度に影響が出ることもあります。設立可能になってからの歴史が浅いこともあり、合同会社と言う存在そのものを知らない人も少なくないのが現状なのです。この様な知名度の問題は一朝一夕には解決が難しい問題ではありますが、一つの解決策として会社名を表に出さずに商号でビジネスを行っているケースがあります。この様な一工夫をすることで合同会社のメリットだけを活かした事業運営を行うことが出来るようになるのです。
あまり知られている事ではありませんが、誰もが知っている大きな事業を行っている企業であってもこの合同会社の仕組みを採用している企業が存在しています。知名度が低いという問題はあるものの、既に高い信頼と知名度を得ている事業であれば合同会社の持つ柔軟な企業運営の仕組みの恩恵だけを受けることが出来るのです。そのため元々は株式会社として事業を運営してきた会社が会社の形を変えるという選択をすることもあるのです。この様に様々な恩恵を受けることの出来る会社の形ではありますが、知名度の問題を回避するためには小規模事業の場合に限って有益な仕組みであると言えるでしょう。投資を広く募って会社を成長させていくには向いていない仕組みであるため、会社設立の際の選択肢として検討する場合には一定の条件があると言うのが実情であると言えます。