時代の時代の流れを読むあなたならならどちらを選びますか?

利益の配分方法

合同会社における利益の配分方法について

利益の配分方法事業を行う目的には様々なものがありますが、それが営利企業であればその会社に出資をする人は見返りを期待して投資を行うのが一般的であると言えます。そのため事業年度ごとに行われるのが基本である利益の分配である配当は非常に重要な要素であると言えるでしょう。営利企業の形として現在の会社法で一般的なものとしては株式会社と合同会社があります。これらの企業は最終的に得られた利益の配分方法において違いが存在しているということが知られていますので、投資をする人はその仕組みについてしっかりと把握しておかなくてはなりません。
例えば株式会社の場合にはその仕組みが非常にシンプルであるという仕組みが存在しています。株式会社の利益の配分方法は保有している株式の数によって決まる仕組みであるのが一般的です。また、権利が確定する日というものは明確に決まっており、その日に保有しているかどうかが唯一の条件であると言えるのです。そこには極めてはっきりとした透明性があり、誰にとってもわかりやすい平等な仕組みが存在しています。この仕組みがあるからこそ活発な市場取引が可能になるのです。一方で合同会社にはその様な分かりやすい仕組みは存在していません。あるのは出資者の出資額に関係なく利益の配分を決めることが出来る原則があるという現実だけです。この仕組みに基づいて経営者は定款に利益の配分方法を定めることになりますが、この内容は会社法に反しない限りは自由に決めることが出来ます。そのため合同会社の仕組みは株式会社に比べて透明性においても公平性においても劣るという点があるでしょう。しかしその反面で経営者の権限で決めることが出来ますので家族経営等で事業を行う場合には非常に便利な仕組みであると言えるかもしれません。合同会社にはこの様な特徴があるのです。
そのため合同会社に投資を行う場合にはこの点について注意をしなければならないと言えるでしょう。株式会社への投資に慣れていると配当に関しては公平であるのが当たり前であると考えがちですが、合同会社の場合にはその様な前提が通用しないということを知っておくことが必要であると言えるでしょう。勿論定款に定めることにより自由に決めることが出来ますので出資者に不利にならない仕組みが作られている場合もあります。その様な仕組みであるということを理解してしっかりと定款を確認することが必要であると言えるでしょう。